searchlight

紫の煙に

埋もれた路地を彷徨って

くたびれたこの身体を

癒やすのは遠くの幻だけ

こすれた服の音

後ろを追いかけてくる声

一体何をしたと言うのか

僕に構わないでいてくれよ

投げ出してしまえば僕はもう

悲しくて息もできないや

それだってシニカルな笑みに

変わってしまって終わるだろう

セブンスターの煙を

ため息と共に吐き出したら

僕を惑わした記憶が

空中を漂い蠢いた

逃げ出してしまった僕はもう

頑張っても愛されないから

こうやってラテラルな街を

彷徨ってはまた逃げるのさ

サーチライトに照らされた僕は

逃げたくても逃げられないんだ

いつだってロジカルなままで

いたかっただけのことなのに

レザーシューズの乾いた足音

逃げたくてももう手遅れかな?

そうやってコミカルな様で

感情に任せて吠えりゃいい

そこでへたり込んだ僕は薄ら笑いを浮かべてさ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now