insomnia

9月の寒い夜
星が綺麗だった
私はその手を離した

赤いランプを消して今日も
瞼を閉じた深夜2時
考えすぎてしまう癖が
またこうやって目を覚ますんだ

孤独だなんて口にすれば
私は私を恨むだろう
心の奥にはいつでも
あの日の滲む情景

悔やんでるわけじゃない
同情ってわけじゃない
ただ寂しいだけの独りよがりじゃない
心に渦を巻くこの気持ちは何?

9月の寒い夜
星が綺麗だった
私はその手を離した
小さな指先に温もりを残して


さよならの言葉にただ頷いたあと
あなたのその肩が震えていたのを
知らないふりをして空を見上げていた

霞んだ視界の隅
星が流れたんだ
気のせいかもしれないけど
私はぼんやりと何かを願ってた

遠くのビルの上
覗き込んだ朝日が
私の袖を掴んで
動けなくなる前にそっと背を向けたのに…


眠れない夜をいつまで過ごすのだろう

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now